スタッフの仕事が楽になる|電子カルテを導入するメリット

海外で事業を始める方法

握手

スタートとなる相談会

インドネシアで会社経営をする場合、最初に様々な諸手続きが求められます。多くの経営者は、このような手続きを専門のコンサルティング会社に依頼するという形をとっています。インドネシアで会社を興すためには、実のところ複数の手続きが必要です。インドネシアの慣例に沿って、適切な進め方をアドバイスしていくのがコンサルティング会社の役割と言えます。コンサルティングの会社では、インドネシアの実情や経営の難易度について情報を提供する、無料のセミナーなどを実施します。多くの場合、このようなイベントへの参加が一つのきっかけとなって、インドネシアでの会社経営はスタートします。信頼出来る会社と判断出来れば、参加者自らが改めて個別相談などを利用して、正式にコンサルティングを依頼するという流れになります。例えば、インドネシアで会社を作る場合、現地で営業をするための許可を取り付けるのが最初のステップです。この時点では、住所を始めとする会社の情報を定めおくのが前提です。正式に許可が下りるまでは数か月程度かかりますので、スケジュールに余裕を持って臨むことが大切となってきます。コンサルティング会社のサポートで、つつがなくこのプロセスがクリア出来れば、その後、会社としての登記を行います。会社の営業内容によっては、さらに別な許可を取る必要が出てきます。このように、複数の段階を経て進める必要があるのが、インドネシアでの会社の設立です。コンサルティング会社では、各段階に応じたサポートを用意し、顧客の希望に応じて対応します。