スタッフの仕事が楽になる|電子カルテを導入するメリット

握手

海外で事業を始める方法

インドネシアで会社を経営する時は、最初にコンサルティング会社などが提供する相談会へ参加をする方が多いです。その会社に依頼するということになれば、営業許可などを取り付けて法人として会社を登記をしていきます。コンサルティング会社では、各ステップごとに手続きの代行やサポートを提供しています。

書類の紛失事故を防げます

看護師

管理も楽にできます

パーソナルコンピューターは現代では、会社や企業で使われなくてはならない重要な電子機器になりました。様々な書類をデータ化することで、紙による書類を管理することから解放されたのは大きな変化です。このことは医療の現場でも、同様に起こっている変化の一つになるでしょう。欧米諸国ではすでに電子カルテを導入している医療機関が多いのですが、日本ではまだまだ導入していない医療機関が多いのが現実です。従来の紙を使ったカルテでは膨大な量になるだけでなく、違う科や他のスタッフとの連携が取りにくいという点がありました。近年の医療現場は、担当医師と患者が一対一で向き合うという方法よりも、他の科や医療スタッフがチームを組んで取り組むことが多くなっています。こうした医療に対する姿勢は、担当医師にかかる負担を軽減できるだけでなく他の科やスタッフから専門知識や技術が使えるのが利点です。紙のカルテはこの担当医師と他の医療スタッフと連携を、とるといった動きに素早く対応できないのが弱点になります。それが電子カルテならば管理する場所と手間が省けるだけでなく、他の科やスタッフとの連携も取りやすいのです。厚生省では全国の400床以上の病院に、電子カルテの導入を推奨しているが目標に達していないという現状があります。医療の現場は常に人手不足の傾向にあり、新しく端末機器の操作を習熟させるための時間が取れないといった事情もあります。しかし長じてみれば電子カルテは、書類が紛失するといった問題も避けられるのでこれから開業する医療機関ならば導入すれば業務効率が上がることは確かです。